Pocket

生産性ロードマップ戦略」-儲かる工場経営を目指して-

第206話  

 「成長発展する現場が必ず直面する課題とは?」

 

 

「先生、管理台帳への記入作業が負担になっていたとは・・・・・・。」

 30人規模機械加工業経営者の言葉です。

 

 中小製造現場が十数人規模から20~30人規模そして40~50人規模へと成長発展する過程で必ず直面する問題があります。

 現場で、加工以外にやらなければならない業務が増えることです。

 

 規模が小さく、経営者の目が隅々まで行き届くなら、作業者は加工作業に専念できます。経営者が陣頭指揮採っているのでそれに従えばいいからです。仕組みはいりません。

 

 しかし、チームが大きくなると、そのやり方では経営者は辛くなります。もはや力業でチームを回せません。

 

 そこで、仕組みの出番です。

 そこでは、管理が必要になります。

 実績VS基準(標準)。

 これが管理です。

 

 ただし、真面目に管理をやり過ぎると、本業が疎かになります。これでは本末転倒です。

 現場からも「管理業務が辛い・・・」という声が上がります。

 先の企業の現場も同じです。

 

 では、どうするか?

 それは・・・・。

→続きはサイトでご覧ください。

 https://koujoukeiei.jp/column/no206

弊社セミナーへご参加ください。

 

経営者のための中小製造現場「生産性UP体制つくり方」セミナー!

 

URLをクリックしてしてお申込みください

 

http://koujoukeiei.jp/seminar-lp
Pocket