Pocket

「生産性ロードマップ戦略」-儲かる工場経営を目指して-

第158話「作業者が目にする景色」

作業者が目にする景色

 作業者が実感できる成果を示していますか?

 「現場にとって、リードタイム短縮のメリットはなんでしょうか?」

 生産性向上の取り組みに着手したばかりの、製造ライン管理者の言葉です。その製造ラインは主に組立て系の作業で構成されています。

 生産性向上の初手は工程内のムダ除去です。組立て系の作業は人が主役であることが多いので組立て手順を明らかにして、”動作”のムダを除去します。

 そして、生産性向上で作業のムダを省くことは、働きやすい環境をつくることにつながり、作業者もメリットを感じられると、その管理者は考えています。

 では、リードタイム短縮は、作業者にとって、どんなメリットがあるのだろうか?管理者の頭の中に、こうした疑問がわいてきました。

 リードタイム短縮で現場が実感できる成果はどのようなものか? 

 それは・・・

→続きはサイトでご覧ください。
  https://koujoukeiei.jp/column/no158

弊社セミナーへご参加ください。

 

経営者のための中小製造現場「生産性UP体制つくり方」セミナー!

 

URLをクリックしてしてお申込みください

 

http://koujoukeiei.jp/seminar-lp
Pocket