Pocket

「生産性ロードマップ戦略」-儲かる工場経営を目指して-

第162話「刺さる目標値」

https://koujoukeiei.jp/column/no162

 その目標値は現場に刺さっていますか?

 「上と現場をつなげるかもしれません。」

 ある中規模企業経営幹部の言葉です。

 

 その企業では、毎期の経営計画を明らかにして、現場へ提示しています。

 ただ、その一方で問題もあると感じていました。

 提示している経営計画の目標値が現場へ浸透しない・・・。

 経営計画と現場活動がつながっていない・・・。

 経営者層と現場が乖離していると感じています。

 

 そこで、今回、まず、製品別儲けの見える化に着手しました。

 製品ごとに、付加価値額人時生産性を明らかにしていったのです。

 付加価値額に着目すると、モノづくりで儲ける構造が見えてきます。

 

 その「構造」に着目したとき、その幹部は、あるキーワードにピンときたようです。

 これなら現場の作業者にも響きそうだ・・・。

 これまで提示していた目標値を、現場の作業者に響くよう、”翻訳”することにしました。

 

 その幹部がピンときた言葉とは何か?

 それは・・・

→続きはサイトでご覧ください。
 https://koujoukeiei.jp/column/no162

弊社セミナーへご参加ください。

 

経営者のための中小製造現場「生産性UP体制つくり方」セミナー!

 

URLをクリックしてしてお申込みください

 

http://koujoukeiei.jp/seminar-lp
Pocket