Pocket

生産性ロードマップ戦略」-儲かる工場経営を目指して-

第209話

「工場経営のボトルネックを解消するには?」

 

 「作業時間を単純に足すやり方ではダメですね。」

 産業機器製造ライン管理者の言葉です。

 

 手離れがイイ、新たな仕事のやり方を考えるときに持つべき観点は生産現場の2重構造。

 詳細はセミナーやご指導の場でお伝えしていますが、作業者視点のヨコ連携による流し方から顧客視点のタテ連携による流し方へ変えます。

 

 多能工化も求められますが、多品種少量生産で効率を高めたかったらこれです。

 手離れがイイ生産を阻害する要因が見えてきます。

 それがボトルネックです。

 

 ライン管理者は人時生産性向上活動を通じてボトルネックの考え方を知りました。

 そしてあることに気付きました。

 リードタイムについてです。

 それは・・・・。

→続きはサイトでご覧ください。
https://koujoukeiei.jp/column/no209

 

株式会社工場経営研究所 「儲かる工場経営」メルマガ ご登録ください。

毎週火曜日配信中。

https://48auto.biz/koujoukeiei/touroku/entryform1.htm

ha

ha

弊社セミナーへご参加ください。

 

経営者のための中小製造現場「生産性UP体制つくり方」セミナー!

 

URLをクリックしてしてお申込みください

 

http://koujoukeiei.jp/seminar-lp
Pocket