Pocket

 日刊工業新聞社「型技術」2020年5月号に伊藤の連載記事が掲載されました。

 同誌に、2017年2月号~2018年3月号まで、「儲かる工場経営を設計する10のポイント」が連載されましたが、それに引き続いて、連載第2弾となります。

 今回の連載テーマは、「中小製造現場で実践する儲かる現場の品質管理10のポイント」”品質不正を未然に防ぐ仕組みづくり”です。

 前回の第8回は「直行率、不良率」でした。今回は第9回となります。連載9回目は「品質基準と品質ポイント」を取り上げました。

 

  私達は現場でいろいろなことを考えていますが、考えるに当たって、欠かせないものがありますね。「比べる」対象です。

 私達の仕事の多くは、実績を過去の結果や計画、目標等と比較することからはじまっています。両者を比べて、乖離があったら手を打っているのです。

 品質活動も同様です。品質に関する判断基準があってこそ現場は考えることができます。判断基準が共有されていない現場を想像して欲してください。

 経験だけに頼る現場はどうなりますか?

 品質不正を防ぐためには、チームのベクトルを揃えることが必要です。思考回路を共有します。今回は「品質基準と品質ポイント」を取り上げます。

 

書店や通販でお買い求めいただけます。

http://www.fujisan.co.jp/product/384/

弊社セミナーへご参加ください。

 

経営者のための中小製造現場「生産性UP体制つくり方」セミナー!

 

URLをクリックしてしてお申込みください

 

http://koujoukeiei.jp/seminar-lp
Pocket