社長のための工場経営に役に立つ情報をお届けしています。
ブログ

製品を○○の束と考えれば現場のIOTが上手くいく

製品をメッセージの束、情報の束ととらえれば、現場のIOTを進めるヒントが得られる、と言う話です。   高付加価値化のために、顧客視点のコトに注目します。 新たなコトは既存技術を組み合わせることで生まれる可能性が …

PAGETOP