Pocket

現場へ夢や将来の目指すべき状態を現場へ語っていますか?

 

1.経営者の顔も持つサッカー日本代表本田圭佑選手

サッカー日本代表の本田圭佑選手は、

サッカー選手であるとともに経営者としての顔も持っています。

 

ソルティーロ・ファミリア・サッカースクールを関西、関東、九州に開校しています。

また、2015年にはオーストリア3部リーグのSVホルンの経営にも参入しました。

自身のマネジメント事務所HONDA ESTILOが手掛けています。

 

本田選手は、さらに、米国でのサッカースクール事業に進出しました。

child-613199_640

現役のプロスポーツ選手が一流のプレーを維持しながらビジネスを手掛けているのです。

自身は現役のプロスポーツ選手です。

世界を相手に一流プレーを維持するだけでもたいへんです。

それと並行して、スポーツビジネスを展開して実績を上げようとしています。

そのバイタリティーには驚かされます。

 

自分が思い描いている想いを、どのようにビジネスへ反映させているのでしょうか?

 

経営の本質は”他人を通じて、自分の想いを実現すること”です。

今の本田選手には”他人の力”が必要です。

「俺についてこい!」式や、

「俺の指示した通りにやれ!」式では、

そもそも、本田選手のビジネスが成立しません。

 

本田選手は、経営のパートナーや現場へ自分の想いを浸透させることに腐心しているはずです。

 

 

2.本田選手への取材記事

経営者としての本田選手の考え方に興味が沸きます。

 

本田選手を取材した記事がありました。

・強み(コア技術)を認識すること。

・トップは夢を語って現場のやる気を引き出すこと。

儲かる工場経営に通じる、本田選手の考え方に共感できます。

(出典:日経ビジネス ONLINE 2016年3月14日)

 

本田が武器にできるものとは、一体何なのか。

選手としてではなくビジネスマンとしての本田の売りが、ここからは問われてくる。

日本や欧州では通用する“本田圭佑”という看板以外の何かが、必要となってくる。

「それは僕自身の人間性です。

抽象的な言い方になってしまうかもしれないですけど、僕という人間を深く知ってもらうことが全てです。

まずはビジョン。

僕は(現役選手が経営者としてサッカービジネスを展開していくという)オンリーワンビジョンを持っている。

その自分だけにしかない

ビジネススタイルがあって、

それを成し遂げるだけの努力が絶対にできる自信が、僕のストレングス(強み)でしょうね。

目標が決まってからの

そこに対する努力の仕方は、いろんなプロの選手を見てきたけど、自分の右に出る人はいなかった。

だから目標さえ決まってしまえば、実現の可能性を高めてみせる」

(出典:日経ビジネス ONLINE 2016年3月14日)

 

現役のプロスポーツ選手が、

・一流のプレーを維持すること

・ビジネスを手掛けること

この2つを両立させること、それ自体が強みになると考えています。

 

自分にしかできないビジネスモデル。

それは、現役選手であることの強みをビジネスに生かすことです。

 

強みを理解したら、あとはそれを最大限に生かし邁進するのみ。

最後のコメントには説得力があります。

 

製造業で付加価値を新たに生み出す原動力はコア技術です。

コア技術 = 固有技術 + 管理技術

 

固有技術のみではありません。

QCDを管理できている一見当たり前と思われる管理技術も強みになり得ます。

まずは、自社工場のコア技術をしっかりと把握すべきです。

 

これが、儲かる工場経営の仕組みづくりで最初にしなければならないことです。

ぶれない軸を打ち立てます。

経営者の自信、現場の自信につながります。

 

ですから、顧客の声にも耳を傾け、「ほんとうのコア技術」を明確にするのです。

強みを経営者と現場で共有できれば、あとは自信をもって目標を定め、実行あるのみです。

 

また、一見無理だと思われる目標に挑戦する意義について、次のように説明されています。

2014年ブラジルW杯。

サッカー日本代表はその4年前の南アフリカ大会でベスト16に進出した。

その後、徐々にサッカーの本場・欧州で

プレーする日本人も増えていく中で、日本代表自身も大きな目標を掲げることになった。

 そして、本田のこの発言である。

  「誰が何と言おうと、W杯優勝を目指す」

(中略)

本田は、

「実際に優勝することがどれだけ難しく、

現実的ではないと見られていることは当然分かっていた」と、後に述懐している。

ただ、それを公言することで得られるものの大きさこそ、実は彼が求める本質であるように思える。

 一見無理だと思われる目標を立て、そこに邁進する。

結果はその時にならないと分からない。

仮に適わなかったとしても、そこに残るのは悔しさだけではない。

目標に向けて必死に知恵を絞って汗を流したことで手にした成長と充実感。

それこそが、人を強くし、組織を太くしていくエネルギーだと、本田は考える。

(出典:日経ビジネス ONLINE 2016年3月14日)

 

経営者は、現場に夢を語るべきなのです。

経営者は、抱いている夢や想いを、頭の中に留めておいてはもったいない。

一見無理だと思われる目標こそ、それを表明することで組織に活力を与えます。

夢が、現場にいろいろと働きかけてくれるのです。

 

人は誰でも自分の成長を期待します。

 

職場の将来について知ることができないと、

現場は、見通しが立たない状況に置かれます。

 

反対に経営者自らが、

職場や工場の成長を否定し、

現状維持を容認する姿勢を示すと、

現場は、将来を見切った状況に置かれます。

 

こうした現場では、働きがいを感じる機会がありません。

将来の成長を期待できない職場のモチベーションは下がる一方です。

 

一方で、経営者が大きな夢を語る現場はやる気で満たされます。

将来のワクワクする夢を耳にすることで、自分も役に立ちたいと自然に考え、行動に移すのです。

心が思考を変えて、行動の促します。

 

 

一見無理だと思われる目標であっても、そこへたどり着く過程で得られる財産が大きいのです。

経験値が上がり、次へつながるスキルを習得できます。

夢に挑戦することで、確実に組織のポテンシャルは上がっているのです。

 

また、共に挑戦した仲間たちとの一体感が強まります。

経営者の力強い右腕となるチームが育つのです。

チームオペレーションが機能します。

使命感に燃えて、連携できるチームワークが組織に蓄積されます。

 

経営者が現場へ夢を語れる戦略書をいっしょにつくりませんか?

Pocket