社長のための工場経営に役に立つ情報をお届けしています。
ブログ

月別アーカイブ: 2016年11月

運搬工程分析では先入れ先出しの置き方に注目する

運搬工程分析では、物が、 先入れ先出し状態で置かれていないケースで発生する ムダな作業を見える化する、という話です。     1.マテハンのマクロ的およびミクロ的視点 工場で付加価値を生み出すのは唯一 …

付加価値の源泉から属人的要因を排除するIOT

付加価値を生み出す前提条件として、何かを強いているならば、 それを排除することを考える。そこで、IOTを現場に生かす。 工学的因果関係と情報の流れに着目する、という話です。   1、新たなサービスで現場の負荷が …

組織上の問題は社内イベントではなく仕事で解決する

社内イベントは一体感を醸成することを後押しするけれども、問題を 根本的に解決することにはならない。 組織上の問題は、意志や意図を持って、仕事を通じて解決する、という 話です。     1.社内運動会サ …

新たな付加価値を創出するために〇〇の発想を持つ

付加価値を拡大させたい、新たに生み出したいと考えるならば「コア」 の発想を持つ。 「コア商品」を作る技術が「コア技術」。すべての強みは「コア技術」 に収束される、という話です。   1.コア技術を全員で認識する …

IOTやAI導入準備のために現場の分析力を高める

5年先、10年先を見通して、なぜなぜ分析やKYに代表される思考訓 練を現場で強化、継続する。 将来に向けて、現場でIOTやAIを使いこなすためである、という話 です。   1.おむつを買った人はビールを買う傾向 …

GT-Rはブランドが現場の自発性を高める究極事例

現場が自社製品の商品力やブランド力について理解を深めれば、新規事 業を成功させる要因の一つである自発性が高まる、という話です。   1.新規事業を成功させる要因 新規事業を成功させる要因が浮かびますか? &nb …

電鋳金型のKTX株式会社に儲かる仕組みを学ぶ

独自技術の地道な研究開発とフェイス・ツゥ・フェイスのアナログ的な 営業活動の両輪を回し続けて成長する、という話です。   1.KTX株式会社の技術力 KTX株式会社は自動車の内装品に使う金型で世界トップシェアを …

現場でお客様の顔が見えるようにする狙いは何か?

現場でお客様の顔が見えるようにすると、お客様視点が身につくので、 高付加価値化へ向けた事前の準備になる。 商売の原点を共有することでもある。 経営理念で創業者のお客様視点を振り返る、という話です。   &nbs …

ホンダの開発戦略から学ぶ戦略とコアの重要性

開発戦略は現場へも明示する。「コア」と「派生」をキーワードに設定 する。開発戦略の情報を現場と共有することで現場から持続するやる気 を引き出す、という話です。   1.ホンダの営業利益が3期ぶりに増加 ホンダの …

PAGETOP