Pocket

技術開発で付加価値を生み出すイメージがわきますか?

 

1.トヨタのTNGA

既存技術でも、他の既存技術と組み合わせれば、新たな付加価値を生み出せます。

顧客へ届ける「コト」視点でコア技術の深耕を図るのです。

白紙の状態からスタートして、試行錯誤している余裕はありません。

 

技術で戦う世界は、スピード勝負です。

先手必勝です。

まず、自社工場が持っている強みに注目します。

 

ヤマザキマザックは、既存の切削加工技術と摩擦撹拌接合技術を組み合わせました。

摩擦撹拌接合 + 切削加工 = 付加価値。

 

福井県福井市の松浦機械製作所は、既存の切削加工技術と金属光造形技術を組み合わせました。

金属光造形(3Dプリンティング) + 切削加工 = 付加価値。

 

コア技術を深耕、強化して付加価値を生み出すとき、下記の可能性を探ります。

既存技術 + 既存技術 = 付加価値

既存技術 + サービス = 付加価

既存技術+既存技術=付加価値で顧客ニーズに応える

 

 

トヨタは、2015年に「TNGA(TOYOTA NEW GLOBAL ARCHITECURE)」を発表しました。

 

開発の効率化を進めるためです。

部品、ユニットの共通化を進めます。

搭載するユニットや配置、ドライビングポジションなどの新たな設計思想です。

トヨタの新しいクルマ作りの方針となります。

 

この新プラットフォームは、2015年に販売された新型プリウスαに搭載されました。

 

トヨタの強みであり、コアの中のコアであるトヨタ生産方式。

欧州発の効率的な設計手法「モジュラー設計」。

これら2つの組み合わせの結果がTNGAです。

toyota-347288_640

これによって、トヨタでは、開発工数を20%以上削減する考えです。

その分、顧客ニーズにより一層合致した付加価値の高いクルマの開発に経営資源を回せます。

強みに磨きがかかるのです。

(出典:日経ものづくり2015年3月号)

 

 

 

 

 

2.ベン図で技術開発の方向性を見える化する

ベン図を使うと、新たな付加価値を生み出す戦略の見える化ができます。

(出典:日経ものづくり2016年3月号)

図2

一つの集合(楕円)で付加価値を生み出す原動力、経営資源、外部資源を表現します。

Aは既存技術(コア技術)です。

Bに何をもってくるか。

Aと組み合わせて、交わるピンク色の領域でどのような付加価値を生み出すか。

 

トヨタのAはトヨタ生産方式です。

ジャストインタイムであり、自働化です。

徹底したムダの排除による、利益を生み出す現場です。

 

TNGAの場合、Bはモジュラー設計となります。

部品の大幅な共通化、開発リソースの削減、開発スピード向上です。

1996年、97年ごろからドイツの自動車メーカーで活用されてきた設計手法です。

欧州メーカーに一日の長があるようです。

 

両者が交わるピンク部分に「生産と設計の効率化」の付加価値が生まれます。

ここから生み出される経営資源を、将来投資へ振り向けるのです。

豊田社長が繰り返し語っている「もっといいクルマ」を実現させる具体的な方法がTNGAなのです。

 

トヨタの2016年3月期の決算は、

売上高28兆4031億円、

営業利益2兆8539億円、

で過去最高益でした。

 

営業利益率10%の稼ぐ力を、ますます磨こうとしています。

コア技術から成果(利益)を生み出そうとする姿勢が明確です。

 

 

 

会社の規模に関わらず、現場には必ず強みがあります。

まず、貴社のコア技術を見極めます。

これがスタートです。

ベン図のAの見極めです。

図2

そしてBに何を入れるか考えます。

・自社にはない他社の強み、新たな技術。

・自社で提供できる新たなサービス。

・人財活用の最大化を目指した新たな人財活性化策。

・自社内の異なる分野にある要素技術

 

Aと組み合わせることで「化学変化」を起こせるものを持ってくるのです。

IOT/AIとの組み合わせも考えられます。

 

 

 

ピンク色の領域でどのような付加価値を生み出しますか?

 

 

 

あるいは、ピンク色の領域に、新たにお客様に届ける「コト」を設定する考え方もあります。

その場合、Bの領域にもってくるべき既存の原動力、経営資源、外部資源に知恵を絞るのです。

 

技術開発では3つのことを明確にする必要があることに気が付きます。

・Aの既存技術(コア技術)

・Bの既存の原動力、経営資源、外部資源

・ピンク色の領域にあたる新たな付加価値(コト)

 

 

 

 

 

 

3.技術を単独に深掘りしても行き詰まる

薄利多売で儲ける時代は終わりました。

顧客要求の多様化に対応することが、今後、モノづくりで利益を生み出すときのポイントです。

 

自社の既存技術(固有技術)の深掘りのみに依存した技術開発では行き詰まるリスクが高いです。

固有技術を単独に深掘りしても、既存技術に延長線を引いているだけになっているかもしれません。

機能競争のみでは、そのうち同業他社も追いついてきます。

 

顧客要求の多様化を睨むなら、「組み合わせる」ことを考えます。

請負型の事業形態を脱却し、自立型の事業形態を目指すならば、「組み合わせる」ことです。

既存技術(固有技術)+ (     )です。

貴社独自の(    )を探ります。

 

既存技術(固有技術)の深堀のみでは、ピンク色の領域を生み出すのは難しいです。

シャープの事例から理解できます。

自前の液晶技術だけを磨き上げても韓国、台湾、中国のメーカーに勝てませんでした。

 

ですから、既存技術(固有技術)+(     )により、ピンク色の領域を考えるのです。

 

既存技術(固有技術)との組み合わせで新たな価値を生み出すしくみをつくりませんか?

 

株式会社工場経営研究所 「儲かる工場経営」メルマガ ご登録ください。

毎週火曜日配信中。

https://48auto.biz/koujoukeiei/registp.php?pid=3

ha

ha

ha

弊社セミナーへご参加ください。

 

経営者のための中小製造現場「生産性UP体制つくり方」セミナー!

 

URLをクリックしてしてお申込みください

 

http://koujoukeiei.jp/seminar-lp
Pocket