Pocket

会社に所属している人が最大も関心をもつことは何でしょうか?

 

1.同僚の給与を「見える化」したら、社内はどうなるか?

会社に所属している人の最大の関心ごとは、「人事」ではないでしょうか。

給与のことも含めた人事案件。

自分がどう評価され、将来的に給料がどうなるのか・・・。

仕事のやりがいや達成感も大切です。

ただし、やはり自分の給料のことも気になるというのが、正直なところでしょう。

 

 

 

Forbes JAPAN 2017/5/17(水) 7:30配信

“同僚の給与を「見える化」したら、社内はどうなるか?”の記事があります。

GMOインターネットの「給料の透明化」の取り組みが紹介されていました。

正確に言うと人事評価の「等級ランクの公開」の話です。

 

GMOインターネットは、上場9社を含めグループ107社、スタッフ5156名の規模を有しています。

昨年、あおぞら銀行と資本業務提携を行い、ネット銀行業にも乗り出そうという成長企業です。

 

同社の人事評価は、6段階の等級です。

1つの等級は複数のランクで構成されています。

等級とランクごとに給与額の枠が定められ、自己目標の達成度に応じて給与が決定するという仕組みです。

 

そして、各人の等級ランクを決めるのが、「360度評価」。

他部署を含め、業務に関わる人たちが匿名評価しています。

 

GMOインターネットのグループ人事部、山田大作氏は次のように語っています。

「この制度によって、当社の成長はあると思う」

 

給与額の見える化をしました。

その結果、

「等級に値する仕事をしているかどうか、

自分の立場に責任をもちながら仕事に取り組むようになりました。

自己目標も保身的な低い目標が減り、

次に自分は何をすべきかを考えて目標を立て、それに合わせて行動するようになったのです」

Forbes JAPAN 2017/5/17(水)

 

360度評価を導入して公正さ、評価の見える化をしました。

その結果、

「360度、周りから見られることで意識が変わります。

また、役職者になる場合、チームの部下の9割以上の支持がないと昇格できません。

公平な制度により、みんなが納得感をもって働けるのです。」

Forbes JAPAN 2017/5/17(水)

 

この結果、下記の2つの効果がありました。

・仕事に責任を持つようになる。

・「なぜ、あんな人が上司なんだ」という不満や愚痴が消える。

 

同僚の給与を「見える化」することによるデメリットも、当然、あったようです。

しかし、全体としてメリットの方が大きかったとしています。

 

かなりインパクトのある仕組みです。

現場に混乱があったであろうことは想像に難くないです。

 

 

 

 

 

2.給与の「見える化」は究極の「比較」

貴社の現場の給与体系はいかがですか?

他人の給料のことも含め、そもそも給与体系の話自体、タブー視する傾向にありませんか?

 

大手と中小の現場を経験して概ねそうでした。

ただ、これは特別なことではありません。

日本人の特性上、そうした風土が一般的です。
GMOインターネットのグループの仕組みは、そうしたことへの挑戦でもあったと考えられます。

山田氏は「この制度によって、当社の成長はあると思う」と語っています。

 

見える化で責任感や納得感が高まりました。

この制度は、同社独自の仕組みとして、同社の現場からやる気を、確実に引き出しているのです。

 

 

 

儲かる工場経営の仕組みづくりの柱のひとつは「見える化」です。

部分最適、全体最適を判断するためには、客観的な指標が必要だからです。

 

現場のあらゆる活動を数値化し、定量化すれば、「今」を把握できます。

現在の立ち位置を把握できなければ、目標を設定することはできません。

 

「見える化」で今と目標のギャップを認識できるのです。

いい仕事するには、常に「比べる」姿勢が欠かせません。

 

つまり、GMOインターネットの“同僚の給与を「見える化」”は比べることを可能にしました。

会社に所属する人ならば誰でも最も関心のある「人事」「給与」を比べられるようにしたわけです。

 

GMOインターネットの従業員は、

ある意味、迷いなく、仕事に打ち込んでいるのではないかと推察されます。

会社に所属している人にとって、これ以上の気になる「比較」はないからです。

 

 

 

 

 

3.痛みを伴う新たな仕組みへの挑戦

注目したいのは、問題もあったが、メリットの方が大きかった、という考え方です。

経営革新を進めるうえで、極めて重要な判断基準です。

 

不確実性が高まる昨今、人の考え方も変化し、働き方自体も大きく変わろうとしています。

変化に対応して、会社の仕組みも積極的に変えようとする挑戦は欠かせません。

 

革新的なことに取り組めば痛みも伴います。

そして、新しいことに挑戦するとき、100%問題がないということはあり得ません。

 

しかし、新たな活力を生み出すためには、組織へインパクトを与える必要もあります。

先を見通して、変えねばならないことを試行錯誤しながら変える。

痛みも伴うが、将来を見通して効果があると判断できるなら実行する。

トップの決断次第です。

 

現状維持の方がらくです。

今の仕事の延長線上で考える方が、現場も苦労はしません。

しかし、5年先、10年先を見通したらどうでしょうか?

若手人財が力一杯働ける環境が維持されているでしょうか?

変動の時代で、現状維持は、相対的に後退です。

 

 

 

GMOインターネットは、この制度を2011年に導入しました。

先を見通しているトップは、早々に手を打っています。

あらゆる業務で「見える化」は、現場から持続するやる気を引き出すキーワードです。

 

見える化をキーワードにした、貴社にとっての革新的な仕組みをつくりませんか?

 

株式会社工場経営研究所 

「儲かる工場経営」メルマガ ご登録ください。

毎週火曜日配信中。

https://48auto.biz/koujoukeiei/registp.php?pid=3

弊社セミナーへご参加ください。

 

経営者のための中小製造現場「生産性UP体制つくり方」セミナー!

 

URLをクリックしてしてお申込みください

 

http://koujoukeiei.jp/seminar-lp
Pocket