Pocket

カイゼンでIEを活用していますか?

 

1.科学的なカイゼン

カイゼンでは工程を「人」と「時間」の2つの要因から分析します。

そうして、客観的な判断基準を設定します。

 

これで、判断基準がはっきりしました。

科学的なカイゼンを展開できます。

 

勘や経験、度胸によらず、定量化された判断基準で目標を決めるのです。

客観的な判断基準は、活動が行き詰った時に効果を発揮します。

90d5c8c1735b5c55df9c97e70b2f5beb_s

儲かる工場経営で意識するべきことは、将来に起こりうる問題です。

将来起こりうる問題へ事前に手を打ちます。

 

工場経営は、その多くは、予想通りのプロセスを経てゴールに至るわけではありません。

山あり谷あり、時には壁にぶち当たります。

 

カイゼンも同じです。

壁にぶち当たります。

 

そして、取り組みの軌道修正や目標変更、トライアル項目の追加等の対応が求められます。

こうした対応を可能にするのが判断基準です。

 

判断基準があれば、迅速な軌道修正や目標変更ができます。

勘や経験、度胸でも、同様な対応は可能ですが、試行錯誤は免れません。

 

経営資源で最も大切なのは時間です。

貴重な経営資源をムダに使わないためにも、客観的な判断基準は絶対に必要です。

 

 

そして、各工程を「人」と「時間」の2つの要因で分析します。

客観的な判断基準を設定するためです。

科学的な視点を持ったカイゼンで、効率よくゴールに至るスキルを習得できます。

 

 

 

 

 

2.インダストリアル・エンジニアリング(IE)

カイゼンのツールとして活用されるのがインダストリアル・エンジニアリング、IEです。

こうしたツールは体系化されています。

したがって、直面した問題や課題を解決するのに適したツールを選択し、活用します。

 

個別のツールを活用するにあたっては、まず、体系全体を理解します。

ツール位置付けを理解して、調査目的を明確にするのです。

 

そして、IEの最大の目的は、”現状把握”です。

 

「今」を知るためのツールがIEです。

解決方法自体を、直接に生み出すわけではありません。

 

ただし、「今」を知ることが、どれだけ重要なのかにも気付くでしょう。

「今」を把握できれば、半分以上は解決できたも同然です。

 

IEで現状分析すれば、結果がはっきりと数値で出ます。

 

すると、現状が頭の中で明確になってきます。

それまで抱いていた目指すべき状態とのギャップが見えてきます。

 

おのずと解決策も浮かんでくるわけです。

 

 

 

2-1 「人」視点のIE

「人」視点のIEを下記の整理します。

 カイゼン対象  手法
 1  生産工程  工程分析
 2  付加価値作業  連合作業分析
 3  要素作業  動作研究
 4  動作  動作研究

原材料へ付加価値を加える作業に注目したくなります。

付加価値を加える作業がいかに少ないか、IEを通じて実感します。

 

 

 

2-2 「時間」視点のIE

   カイゼン対象  手法
 1  所要時間  時間研究
 2  正味作業時間  稼働分析

標準作業時間の中に占める、正味時間の割合に注目したくなります。

作業の質を向上させるには・・・と考えます。

(出典:生産マネジメント入門Ⅰ 藤本隆宏先生 p146参考に作成)

 

 

科学的なアプローチは、試行錯誤を減らすことができます。

時間を無駄にしないためのツールです。

使いこなすためは、体系を理解しておくことが必要です。

 

IEを活用するカイゼンの仕組みをつくりませんか?

 

株式会社工場経営研究所 「儲かる工場経営」メルマガ ご登録ください。

毎週火曜日配信中。

https://48auto.biz/koujoukeiei/registp.php?pid=3

 

弊社セミナーへご参加ください。

 

経営者のための中小製造現場「生産性UP体制つくり方」セミナー!

 

URLをクリックしてしてお申込みください

 

http://koujoukeiei.jp/seminar-lp
Pocket