Pocket

生産性向上の着眼点がはっきりしていますか?

 

1.儲かる改善活動のテーマ選定は経営者の仕事

儲かる工場経営で経営者が気にする唯一の数字は「アウトプット」です。

「アウトプット」が利益に直結します。

 

生産活動の効率を高めるために、生産性向上に焦点をあてる現場は多いです。

その対応に間違いはありません。

 

しかし、生産性向上自体が目的化してしまっては、進むべき方向を誤ります。

あくまで、経営者がこだわるべきものは、利益につながる「アウトプット」なのです。

 

利益につながらない生産性向上は意味がありません。

さらに、生産性を高めても、成果が利益につながらなければ、仕事のやりがいを感じられません。

現場が自律性を発揮する以前の話になります。

あくまで、経営者が目指すのは「アウトプット」の最大化なのです。

 

 

 

そこで、経営者は次式に基づいて「アウトプット」の最大化を図ります。

「アウトプット」= 生産性 × 「インプット」 (※)

「インプット」とは貴社が投入できる経営資源です。

 

(※)式によれば、「アウトプット」最大化の方法は、2つあることが分かります。

①生産性を高める

②「インプット」を増やす

 

中小製造現場が置かれている経営環境を勘案すると、②で対応できることは少ないです。

②では、現場の人員を増やす、残業時間を増やす、などが対応策になります。

 

市場がどんどん拡大しているときなら、

現場の人員を増やし、生産量増を狙う戦略があり得ました。

生産量をふやして利益を増やす戦略です。

 

しかし、昨今の多くの中小現場が直面しているのは、市場の成熟化、多品種化、高付加価値化です。

工数を増やして、単純に生産量を増やし、増益を狙うことは、現実的な対応ではありません。

 

そもそも、少子化にともない、人財を確保することが困難になってきています。

人手不足が経営問題になっている現場も多数です。

 

さらに、その人手不足解消のため、残業増で乗り切るのも、恒久策としてはあり得ません。

働き方改革が求められる経営環境下で、中小現場も社会的責任を果たす必要があります。

 

したがって、中小現場で、

「アウトプット」を増やすのに、いの一番に考えるべきことは生産性向上なのです。

 

改善活動の目的に掲げられる生産性向上は、

あくまで、利益につながる「アウトプット」を増やすための手段です。

 

「アウトプット」増に貢献しない生産性向上で、汗をかいても利益につながりません。

儲かる改善活動にならないのです。

改善活動の狙いが利益であるならば、生産性向上と利益との因果関係を明確にする必要があります。

 

 

 

改善活動の目標は生産性向上です。

利益につながる「アウトプット」増に貢献する生産性を高めるのです。

 

改善活動は、経営問題を解決する手段と考え、生産性向上に注目します。

ですから、儲かる改善活動のテーマ選定は経営者にしかできないのです。

”現場の不便さ解消”だけでは、儲からない

 

 

 

 

 

2.改善活動上の着眼点は「なくすること」

改善や効率化の着眼点として「ECRS」があります。

4つの着眼点です。

 

eliminate:なくせないか

combine:いっしょにできないか

rearrange:変えられないか

simplify:簡単にできないか

4つの視点で現場を観察すると改善点が見えてきます。

 

着眼点を4つで表現していますが、最終的に着眼点は1つに絞られます。

それは、1番目の「eliminate:なくせないか」です。

改善活動の目的は、「eliminate:なくせないか」に帰結されることに注目します。

 

現場改善の目的は、あらゆる生産活動の効率を高め、生産性を向上させることです。

トヨタ生産方式では7つのムダを挙げています。

1)つくりすぎのムダ

2)手待ちのムダ

3)運搬のムダ

4)加工そのもののムダ

5)在庫のムダ

6)動作のムダ

7)不良をつくるムダ

こうしたムダを「なくせないか」と考えるのです。

 

AとBをいっしょにして工程を1つなくせないか。

CとDの工程を逆にして特定の作業をなくせないか。

Eの工程を簡単にして作業の手間をなせないか。

そもそも、それをなくせないか。

つまり「なくする」という着眼点で現場を見るのです。

 

 

 

現場では多種多様な業務がなされています。

貴社が事業を継続してきた中で、

必要に迫られて、やらねばならなくなった作業がたくさんあるでしょう。

付加価値を加えるのに貢献していない作業があることにも、気付いているかもしれません。

こうした作業や仕事をなくせないか、という視点です。

 

「なくする」ことは、少ない経営資源でも、従来と同じ「アウトプット」を獲得することにつながります。

現場の効率アップ、生産性の向上です。

余力が増えます。

こうした活動を通じて、少数精鋭で筋肉質の現場をつくることにもなります。

 

生産性を高めるために、まず、「なくする」ことに焦点をあてて現場を観察して下さい。

現場力を高めることにつながります。

 

「なくする」ことに焦点を当てた改善活動を展開しませんか?

 

株式会社工場経営研究所 「儲かる工場経営」メルマガ ご登録ください。

毎週火曜日配信中。

https://48auto.biz/koujoukeiei/registp.php?pid=3

ha

ha

ha

Pocket