Pocket

貴社ではコア技術の深耕と強化に取り組んでいますか?

 

1.すり合わせ能力に頼る製品開発は避ける

技術の進化は部品のモジュール化も促します。

半導体の微細化技術の進歩で、製品機能が半導体チップ上に統合される事例などがそうです。

部品のブラックボックス化が進みます。

 

他の部品と組み合わせて、

自社製品の価値が上がるならば、組み合わせる部品の中身は知らなくても構いません。

いい部品を活用すれば十分だ、となります。

 

確かに、自前で全ての技術をそろえようとしたら、業界のスピードについていけないでしょう。

ですから、技術開発では業界のトレンドを見極めることが欠かせません。

 

・機能競争では圧倒的な差別化技術を狙う

・コトに注目する

少なくとも、どちらかのスタンスで技術開発を進めることが重要です。

(感性と機能に注目した儲かる技術開発)

 

 

 

 

一橋大学教授の青山矢一教授は、

日本が得意としいた「すり合わせ能力」は付加価値につながりにくくなっていると指摘しています。

技術の進化で部品のモジュール化がすすんだという背景もありそうです。

 

産業の付加価値は、「すり合わせ能力」から、下記へ移転すると解説しています。

・様々な製品に広く使われる「強い基本部材」を提供すること

・既存の製品や事業の枠を超え新たな組み合わせを提案するソリューション事業

(出典:日本経済新聞2016年3月15日)

 

昨今、炭素繊維で注目を浴びる東レが、まさにその流れに乗っています。

 

 

 

 

 

2.圧倒的な差別化技術を持った企業がコトに注目すると強い

ジェット旅客機の機体の大半は、アルミニウム合金や鋼材で構成された「金属の塊」です。

例えば、ボーイング社の中型旅客機「767」では機体質量の97%が金属です。

アルミニウム合金や鋼、チタンで構成されていました。

 

その旅客機の構成部材が大きく変化しています。

「787」では、機体質量の半分が複合材料です。

軽量化目的で炭素繊維強化樹脂(CFRP)が積極的に採用されています、

(出典:日経ものづくり2015年12月号)

jet-541175_640

 

複合材料が機体へ採用されたのには、

ボーイング社が、航空機の技術革新を積極的に進めているという背景があります。

 

そうした中で、ボーイング社は、

炭素繊維メーカーである東レを直接取引するパートナー企業として位置付けています。

 

東レはあくまで炭素繊維メーカーです。

炭素繊維強化樹脂(CFRP)のメーカーではありません。

 

ですから、東レは、最終製品を組立てるボーイング社と直接取引する立場にありません。

従来ならば、ボーイング社のティア1やティア2に原材料を供給する立場です。

それが、ボーイング社と二人三脚で機体の革新へ挑戦しているのです。

 

なぜ、そうした立場でビジネスができるのか?

東レの炭素繊維が果たす役割が大きいということです。

ボーイング社のコア技術への影響度が大だからです。

 

東レはボーイング社のみならず、ティア1やティア2の部品メーカーとも組んでいます。

原材料である炭素繊維の素材供給に加え、

部品加工・製造のノウハウ確立もサポートしてきました。

 

こうした事業展開で、

コアである炭素繊維のみならず、

CFRPや航空機部品の製造ノウハウも蓄積できるのです。

 

実際、東レは中間素材の製造にも新規参入を果たしています。

複合材成形加工用の「プリプレグ」とよばれる、中炭素繊維に樹脂を含浸した中間素材です。

 

また、三菱航空機設計の国産ジェット旅客機MRJの部品生産にも乗り出しました。

尾翼用の一次構造材部品(スパー、スキン・ストリンガーパネル、リブ)です。

 

 

 

 

 

3.コア技術開発の方向性

東レの事業展開の流れは、

青山教授の指摘する技術開発で目指すべき2つの方向性を見事に実現させています。

それだけ、強固な事業形態になり得ます。

 

炭素繊維という素材自体、まだまだ発展途上です。

そうした技術動向の中、東レは技術ノウハウの積み上げでも世界でトップを走っています。

 

東レは、1961年に炭素繊維の開発をスタートさせました。

したがって、地道に事業を継続してきた圧倒的な強みがあります。

 

東レのHPにも炭素繊維開発の歴史を次のように表現しています。

海外の多くの化学企業が

炭素繊維の開発から撤退・縮小していくなか

東レはその材料としての価値を見抜き、

釣り竿やゴルフシャフトといった用途で

事業を育てながら、

長期的には航空機用途を見据えて粘り強く取り組みました。

こうした材料の価値を見抜く力と

強固な意志こそが

東レの研究・技術開発の強みであり真のイノベーションを生み出す背景といえます。

(出典:東レHPより)

 

なかなか芽が出ない事業の研究開発を継続した経営者に先見の明がありました。

さらに、東レの研究者・技術者のDNAとして次の説明が掲載されています。

 

―深は新なり―

「深は新なり」は、

東レの研究者・技術者のDNAともいうべきキーワードとして語り継がれています。

これは、ひとつの事を深く掘り下げていくと

次の新しい何かが見えてくるという考え方であり、まさに極限追求の世界です。

しかし、研究・技術開発における

極限追求は、独りよがりであってはならず、

大きな時代観、社会の要請を踏まえた極限追求が必要です。

それが、社会的・経済的価値を備えた真のイノベーションへとつながるのです。

(出典:東レHPより)

 

技術開発ではコア技術の見極めがとても重要です。

そこを足掛かりにした技術の深耕と周辺技術の強化が技術開発の定石です。

 

 

東レでは「深耕」を極めました。

 

現場には工場の規模に関わらず、必ず、その会社の強みが存在しています。

その工場独自の強みの源泉となる固有技術と管理技術です。

 

そうでなければ、そもそもモノづくりを生業として、今日まで事業を継続させることは不可能です。

 

必ず強みが存在します。

その強みがコア技術なのです。

コア技術 = 固有技術 + 管理技術。

 

そこで、そのコア技術をどこまで深掘りするか。

そこから新たな価値をどうみ出すか。

お客様の声に耳を傾けつつ、お客様も気が付かないコトがないかを探るのです。

 

・深掘りでどこまで極められるのかを工学的に判断する。

・顧客へ提供できる具体的なコトを検討する。

 

東レの炭素繊維開発の歴史は、技術開発のキモを教えてくれます。

 

コア技術の深耕・強化と顧客へ提供するコトを明確する仕組みをつくりませんか?

 

 

株式会社工場経営研究所 「儲かる工場経営」メルマガ ご登録ください。

毎週火曜日配信中。

https://48auto.biz/koujoukeiei/registp.php?pid=3

Pocket